Tatarinow’s aster/ Shion

Flower and Garden in Japan and more...

Aster tataricus/ Tatarinow's aster/ シオン

学名/ Botanical name : Aster tataricus

English common name :  Tatarinow’s aster

日本名 和名: シオン 紫菀

日本名別名: オニノシコグサ(鬼の醜草)、ジュウゴヤソウ(十五夜草)、オモイグサ(思い草)

イタリア語名/Italian name: L’aster di Tatarinow

原産地/ Original : China, Korea

花を観賞するためによく栽培されていて、古くは薬用植物として中国・朝鮮から日本に伝えられたとされ、平安時代から観賞用に栽培されています。茎は上部で枝分かれして、淡紫色の頭花を散房状に多数咲かせ、周囲に花弁のような薄紫色の舌状花が一重に並び、中央は黄色の筒状花の花を咲かせます。

This flower is a member of the Aster genus of flowering plants. The flower has a meaning in hanakotoba, the Japanese language of flowers, which corresponds to “I won’t forget you.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Aster_tataricus

ウィキペデイア:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%B3_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)&action=edit&section=4

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: