Daphne pseudomezereum/ Onishibari

Flower and Garden in Japan and more...

Daphne pseudomezereum/ オニシバリ

学名/ Botanical name : Daphne pseudomezereum

English common name :  Daphne pseudomezereum

日本名 和名: オニシバリ 鬼縛り

日本名別名: ナツボウズ(夏坊主)

原産地/ Original : Japan Korea

花は淡黄緑色で2-4月に葉腋に束生状にジンチョウゲのような花を2-10個つけますが、あまり目立たず、香りもあまりないようです。5-7月に径8mmほどの楕円形の赤い果実をつけ目立ちます。果実は液果で赤く熟し、辛く有毒です。 強い樹皮で鬼を縛っても切れないいう意味で、オニシバリ(鬼縛り)といいます、また、夏に一時落葉することから、ナツボウズ(夏坊主)とも呼ばれます。

This plant is a family of Daphne and flower is resemble to winter daphne but color of flower, which is actually calyx, is yellowish green and not showy nor fragrant. Red fruit is poisonous.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Daphne_pseudomezereum

ウィキペデイア: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%90%E3%83%AA

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: