Camphor Laurel/ Kusunoki

Flower and Garden in Japan and more...

Cinnamomum camphora/ Camphor Laurel/ クスノキ

学名/ Botanical name : Cinnamomum camphora

English common name :  Camphor Laurel

Alternative English name: camphor tree, camphorwood

日本名 和名: クスノキ 樟、楠

日本名別名: クス、ナンジャモンジャ(ただし、ヒトツバコをナンジャモンジャと呼びことが多い)

タイ語名/ Thai name: ต้นไม้การบูร T̂nmị̂ kārbūr

イタリア語名/Italian name: albero di canfora

原産地/ Original : China south of the Yangtze River, Taiwan, southern Japan, Korea, and Vietnam

枝葉を蒸留して得られる無色透明の固体は、防虫剤や医薬品等に使用されるカンフルとして使用されます。属名がシナモン(肉桂)を意味する Cinnamomum 、種名は樟脳を意味する camphora になっています。5月から6月にかけて、白く淡い黄緑色の小さな花が咲きます。神社林ではしばしば大木が見られ、ご神木として人々の信仰の対象とされるものが多くあります。

C. camphora is cultivated for camphor and timber production. In spring, it produces bright green foliage with masses of small white flowers. It produces clusters of black, berry-like fruit around 1 cm in diameter.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Cinnamomum_camphora

ウィキペデイア:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%82%AD

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: