Month: December 2019

Flower and Garden in Japan and more...
Fuji-Ibara Rosa fujisanensis

Fuji-Ibara Rosa fujisanensis

This slideshow requires JavaScript.

Botanical name Rosa fujisanensis Synonym R. luciae fujisanensis
和名 フジイバラ Common name Fuji-Ibara
漢字名 富士茨
別名 Alternate name Rosa fujisanensis
分類 01 原種/ 原種交雑種 Group 01 Wild/ species rose
系統 01 原種 Type 01 Wild
生育型 05 つる性 Growth type 05 climber
樹姿 04 開張 Growth habit 04 moderately spreading
花の大きさ 02 中 flower size 02 medium
花型 01 一重 flower type 01 single
咲く時期 01 一季 Flowering season 01 once blooming
花の主な色 01 白 Flower main color 01 white or near white
花の二次色 Flower secondary color
二次色の分布 Distribution of secondary color
裏側の主な色 Main color on the outerside
コメント 日本の薔薇の原種の一つで富士、箱根を中心とした山地一帯に多いことろからこの名前がつけられましたが、近畿~四国にも分布します。全株に毛がないので、ほかのノイバラ類と区別できます。 Comments It is one of wild roses native in Japan, named as many plants inhabiting near Fuji and Hakone area, but some are found in west side of Japan. It is identified as no hair whole plant.
原産/作出 日本 Original/produced Japan

More information: https://www.helpmefind.com/rose/l.php?l=2.40447.3&tab=1

写真データ/ Data of pictures  (写真をクリックすれば、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

バラの目次へ(日本語)

Go back to Index of Rose (English)

 

Ajuga boninsimae/ Shimakakosou

Ajuga boninsimae/ Shimakakosou

Ajuga boninsimae/ シマカコソウ

学名/ Botanical name : Ajuga boninsimae 

English common name :  Ajuga boninsimae 

日本名 和名: シマカコソウ 島夏枯草

日本名別名: シマキランソウ(島金瘡小草)

原産地/ Original : Ogasawara islands

花期は11-翌年1月。夏は一時枯れて、11月末頃から芽吹きだし、枝先に近い葉腋から花を出します。萼は長さ約6-7mmの鐘状で、長い縮毛があり、5裂し、萼裂片は3角形で長さ約2mmで先は鋭いです。花冠は筒状の唇形で白色、長さ約1.5cmになり、軟毛が密生します。

It is a native in Ogasawara islands belongs to genus of Ajuga. It blooms winter after leaves spread in November after wilted in summer. Tube shape flower is consists of white 5 triangle sepals 6-7mm long.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Ajuga

ウィキペデイア:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%82%B3%E3%82%BD%E3%82%A6

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Griffinia hyacinthina

Griffinia hyacinthina

Griffinia hyacinthina/ グリフィアナ ヒアシンシナ

学名/ Botanical name : Griffinia hyacinthina

シノニム/ Synonym : Griffinia dryades

English common name :  Griffinia hyacinthina

日本名 和名: グリフィアナ ヒアシンシナ

原産地/ Original : Brazil

種名ヒアシンシナが示すとおりヒヤシンスのような薄青色のアガパンサスや彼岸花に似た花を咲かせます。

This is a large plant with broad petiolate leaves and up to 21 flowers per stalk. The plant has blue flowers (as suggested by the specific epithet “hyacinthina”), collected into an umbel.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Griffinia_hyacinthina

ウィキペデイア:

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Chilean bellflower/ Tsubaki kazura

Chilean bellflower/ Tsubaki kazura

Chilean bellflower / ツバキカズラ

学名/ Botanical name : Lapageria rosea

シノニム/ Synonym : Philesia rosea, Lapageria hookeri Lapageria alba  

English common name :  Chilean bellflower 

Alternative English name: copihue

日本名 和名: ツバキカズラ 椿葛

日本名別名: ラパジュリア・ロセア

原産地/ Original : Chile

蔓から筒状であまり開かない鮮やかな赤にわずかに白い斑点の入った6枚の花被片よるなるを咲かせます。チリ原産でチリの国花になっています。白い花もあります。

The flowers have six thick, waxy tepals which are red, spotted with white. They are most frequently produced in late summer and fall, although they may be produced at other times. This is the national flower of Chile.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Lapageria

ウィキペデイア:

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Camellia lutchuensis/ Hime sazanka

Camellia lutchuensis/ Hime sazanka

Camellia lutchuensis ヒメサザンカ

学名/ Botanical name : Camellia lutchuensis

English common name :  Camellia lutchuensis

Alternative English name: Hime-sazanka

日本名 和名: ヒメサザンカ 姫山茶花

原産地/ Original : Ryukyu Islands of Japan, China, Taiwan

南西諸島から沖縄に自生するツバキ属の花で、ツバキ属の中では最も小さな白い一重の花を下向けに咲かせますが、最も香りが強いと言われる原種で香り椿品種の作出の交配に使われています。

It is a shrub or small tree growing from 2–7 meters in height, with evergreen leaves and small white flowerswith strong fragrance.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Camellia_lutchuensis

ウィキペデイア:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A1%E3%82%B5%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%82%AB

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Ophiorrhiza japonica/ Satsuma inamori

Ophiorrhiza japonica/ Satsuma inamori

Ophiorrhiza japonica/ サツマイナモリ

学名/ Botanical name : Ophiorrhiza japonica

シノニム/ Synonym : Ophiorrhiza japonica var. japonica

English common name :  Ophiorrhiza japonica

日本名 和名: サツマイナモリ 薩摩稲森

原産地/ Original : South Japan, Taiwan,Chaina

白からごく薄い赤色の漏斗状で先端が星型に5つに分かれた花を茎の先にまとまって咲かせます。

small white to pale red trumpet and star shape tip flowers on top of stems.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Ophiorrhiza

ウィキペデイア:

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Ainsliaea macroclinidioides var. okinawensis/ Okinawa haguma

Ainsliaea macroclinidioides var. okinawensis/ Okinawa haguma

Ainsliaea macroclinidioides var. okinawensis/ オキナワハグマ

学名/ Botanical name : Ainsliaea macroclinidioides var. okinawensis

English common name :  Ainsliaea macroclinidioides var. okinawensis

日本名 和名: オキナワハグマ 沖縄白熊

日本名別名: オキナワテイショウソウ(沖縄禎祥草)、マルバハグマ(丸葉白熊)

原産地/ Original : Tokara islands and Okinawa islands

僅かにうすい赤色の線の入った白い小さな花を咲かせます。花は3つの花が合わさって咲いています。

It blooms slightly pale red strips on white small flowers on stem, small three flowers combined looks one flowers.

Wikipedia: 

ウィキペデイア:

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Black nightshade/ Inuhouzuki

Black nightshade/ Inuhouzuki

Black nightshade/ イヌホウズキ

学名/ Botanical name : Solanum americanum, Solanum ptychanthum, Solanum nigrum

English common name :  Black nightshade

日本名 和名: イヌホウズキ 犬酸漿

日本名別名: テリミノイヌホウズキ(照実犬酸漿)、アメリカイヌホウズキ(アメリカ犬酸漿)、バカナス(馬鹿茄子)

原産地/ Original : Europe, North America, Caribbean

ホウズキやナスに似ますが役に立たず、熟すと黒い小さな実をつけます。ヨーロッパ原産のイヌホウズキ(Solanum nigrum)アメリカ原産のテリミノイヌホウズキ(Solanum americanum),アメリカイヌホウズキ(Solanum ptychanthum)などがありますが、ここではまとめてイヌホウズキとしています。

Black nightshade is a common name for several plants and may refer to:
Solanum americanum (American black nightshade) of much of North America
Solanum nigrum (European black nightshade) of Europe
Solanum ptychanthum (Eastern black nightshade) of the Caribbean region

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Black_nightshade

ウィキペデイア: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%82%AD

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Bracted Hydrangea/ Tamaajisai

Bracted Hydrangea/ Tamaajisai

Bracted Hydrangea/ タマアジサイ

学名/ Botanical name : Hydrangea involucrata

English common name :  Bracted Hydrangea

日本名 和名: タマアジサイ 玉紫陽花

日本名別名: ヤマタバコ(山煙草)

原産地/ Original : Japan, Taiwan

苞に包まれ玉状になった蕾が大きく玉のようで、卵の殻が割れるように開花します。アジサイの仲間の中では開花は遅く、7月下旬から9月にかけて長い期間開花します。11月でも花が残っています。淡紫色の小さな両性花の周りに花弁4枚の白色の装飾花が縁どります。

It is a deciduous shrub growing to 1 m tall by 2 m broad, with lacecap inflorescence with white sterile flowers that surround the fertile purplish ones in late summer.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Hydrangea_involucrata

ウィキペデイア:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage  

Boenninghausenia albiflora/ Matsukazesou

Boenninghausenia albiflora/ Matsukazesou

Boenninghausenia albiflora/ マツカゼソウ

学名/ Botanical name : Boenninghausenia albiflora var. japonica 

シノニム/ Synonym : Boenninghausenia albiflora, Boenninghausenia japonica, Boenninghausenia japonica var. lividonitens, Ruta albiflora 

English common name :  Boenninghausenia albiflora

日本名 和名: マツカゼソウ 松風草

原産地/ Original : Japan East Asia

花弁は4個、長さ3-5mmの長楕円形の小さな白い花を枝先に円錐状集散花序を出し、多数の花をつけます。松風草の意味で、秋風に吹かれる草姿に、ある趣が感じられるということで付けられたのであろうかとされています。

Flowers are 3-5 mm in diameter with four petals and stamen protrude long. Color is white and bloom many on inflorescence.

Wikipedia: https://en.wikipedia.org/wiki/Boenninghausenia

ウィキペデイア:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%82%AB%E3%82%BC%E3%82%BD%E3%82%A6

Gallery

This slideshow requires JavaScript.

データ/ Data  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

メインページ

Mainpage