Cherry var. Edo higan

Flower and Garden in Japan and more...

Cherry var. edohigan/ エドヒガン

学名/ Botanical name : Cerasus spachiana var. spachiana

シノニム/ Synonym : Cerasus itosakura f. ascendens, Prunus itosakura f. ascendens, Prunus pendula var. ascendens, Cerasus spachiana f. ascendens

英名/ English name :  Cherry var. Edo higan

別名/ Alternative English name: Edohigan, Itosakura

日本名/ Japanese name: エドヒガン 江戸彼岸

タイ語名/ Thai name:ต้นเชอร์รี่ ต้นเชอร์รี่ T̂n chex r̒ rī̀, ดอกซากุระ Dxk sākura

原産地/ Original : Japan

日本の自生種で、名前の通り春の彼岸ごろに花を咲かせ、この血を引くソメイヨシノより早く花が着き始めます。花は薄紅色から白で花弁は5枚で一重、葉より先に花が咲きます。ヤマザクラと共にサクラの中では非常に長寿の種であることが知られており、樹齢2000年を超えるといわれる神代桜や樹齢1500年を超える淡墨桜、樹齢1000年と言われる樽見の大ザクラ、その他にも樹齢300年を越える石割桜などが有名です。花が多く咲く特性から多くの品種の母種として使われています。

Indinuous varieties in Japan and as one parent of “Someiyoshino”, and blooms around vernal equinox day. It is also known long-lived variety and known as famous tree in many region.

wikipediaのアドレスはこちらです

Wikipedia English: https://en.wikipedia.org/wiki/Cherry_blossom

Wikipedia 日本語: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%B3

写真ギャラリー/ Gallery

This slideshow requires JavaScript.

Usubenihigan /ウスベニヒガン

英名/ English name :  Cherry var. usubenihigan (edohigan) 

日本名/ Japanese name: ウスベニヒガン (エドヒガン)

原産地/ Original : Japan

エドヒガン系の一重、薄桃色の桜で、エドヒガンと同じ頃に咲くようです。

This variety can be similar variety of Edohigan (C.itosakura) and blooming similar time but color is pale pink.

写真ギャラリー/ Gallery

This slideshow requires JavaScript.

写真データ/ Deta of pictures  (下の写真をクリックしてください、詳しいデータが見られます。Please click pictures below to find more details of data of pictures)

桜の品種の目次へ/ To index of Cherry variety name

メインページ

Mainpage 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: